パチンコ・スロットで借金が100万円超えた実話

パチンコ・スロットで借金100万円超え…それでもやめられない人たちの実話

スロットにハマり、大学中退。そして借金100万円へ…

スロットを覚え始めたのは大学生の時でした。

最初は1万円くらい使って勝ったり負けたりと、あまりお金を使うことはありませんでした。

ただ勝っても2万円以下のことが多く遊び程度でしたが、たまたま5万円、10万円と勝つことも。

そんな大勝したときのことが忘れられず、どんどんのめり込んでいきました。

 

はじめは仕送りの食費を削り、次に電気代やガス代を払わずにスロットで使うようになりました。

そのせいでガスや電気が止まってしまったことも…

そして仕送りだけでは足りなくなり、アルバイトをすることにしました。

 

お金が良いので深夜のバイトをして、だんだん大学には行かなくなり、後に中退します。

給料日は朝からスロットに行き1ヶ月のバイト代十数万円を1日で使うこともありました。

 

その内クレジットに手を出すようになります。

学生のため借りられる額は少なく10万程度でしたが自転車操業状態になりました。

 

とどめは大学をやめて社会人になってからです。

借りられる額が1社50万程度となりました。

今のように収入による制限がないため、2社から貸し入れをし、気が付けば100万円ほどの借りていたのです。

そんな状態でもスロットを止めることはできず、返済してはは借りるを繰り返し、毎月ギリギリの生活です。

 

現在は5円スロットで我慢して返済をしています。

スロットで妻に内緒で借金200万円…転職するハメに…

スロットに興味を持つようになったのは、働いていた店のお客さんや仲間の従業員がスロットの話で盛り上がっていたからです。

そこで店が休みの日に同僚とパチンコ屋に行ってみることにしました。

モーニングサービスをやっている店で、開店前から並び、開店と同時にカウンターで1000円分のコインを買い、適当に台に座って、教えられたとおりにやってみました。

同僚の近くで打っていると、様子を見に来てくれた同僚が、当たっているといってセブンを止めてくれました。

これが初めての大当たりです。

一回の大当たりで6000円ぐらいになりました。

この大当たりが来たときの感動が、半端じゃなかったので病みつきになってしまいます。

 

最初は小遣いの範囲内の、1日に1万円までと決めていました。

そのうち2時間ある休憩時間にも同僚といくようになり、パチスロ以外に興味が持てなくなります。

休みの日は用事がなければ夕方5時までやるようになりました。

 

当然、小遣いじゃ足りません。

パチスロをやりたくて仕方がなくなりサラ金から借りるようになりました。

ただ妻には借金のことは内緒だったので、夕方の5時に家に帰ることだけは守りました。

しかし借金は膨れ上がり200万を超えてしまいます。

どうしょうもなくなって店をやめて、返済ができそうな仕事をみつけて働くことになってしまいました。

パチンコで借金200万円…家族に監視してもらうもまだ行ってしまう…

パチンコ店に入り浸っていた時があります。

朝から晩までパチンコの事ばかり考えていました。

そして自分が好きな台ばかり打っていたので負けてばかりでした。

頭の片隅では普通に打っていれば負けるとわかっていましたが、それでもいつかは勝てるはずと熱くなってしまいます。

 

そうこうしている内に給料だけではまかなえなくなってきました。

生活費はクレジットカードまかなって、残っている現金はすべてパチンコに消えていきます。

それでもやっまり負ける。

そしてクレジットカード代金が払えなくなりキャッシングに手を染めました。

キャッシングに手を出してからは早いもので、クレジットカードの支払い以外のキャッシング枠がパチンコに消えていくのに時間は掛かりませんでした。

最終的にはキャッシングやリボ払いなどの総額が200万ほどに。

そこで初めてTVなどで紹介されている依存症であると自覚しました。

 

ただ、自覚したからといってすぐには辞められませんでした。

給料が入り返済して残ったお金は全てパチンコに消えていく生活が続きました。

これでは自分が駄目になると思い家族に打ち明け、自分の行動を監視してもらっています。

現在は多少はマシになっておりますが、それでも時々パチンコ屋に行ってしまいます。

-パチンコ・スロットで借金が100万円超えた実話

Copyright© パチンコで負けて給料無くなったときの対処法 , 2020 All Rights Reserved.