パチンコ屋に行きたい衝動が抑えられない

パチンコ屋に行きたい衝動を抑えられない体験談

好きなアニメがパチンコに…あっという間に50万円が溶けた…

私は、好きなアニメが起用されているパチンコに夢中になっていました。

毎日仕事が終わってから家族にナイショで通うようになり、そのパチンコ店の当たりが出やすい台なども分かるようになるほど通いつめていました。

 

好きだったキャラクターのせりふやアニメーションを沢山見ることができるのが面白く、仕事のストレスもそれで発散していると錯覚します。

あっという間に1月に50万円以上使うようになり、妻がひっそりと積み立てしていた通帳にも手を出すように…

しまいには、にローンの返済ができなくなる事態に追い込まれました。

 

妻にはパチンコに通っていることを気づかれておらず、お金がまさかそんなことに消えていたことに大きなショックを受けていました。

一時は離婚というワードまで飛び出したほどです。

そのときの妻の悲痛な表情を、私は忘れることができません。

その後、両親に事情を説明しローンの返済が出来なかった分のお金を出してもらうことになり、何とか事なきを得ました。

 

そんな体験をした今でも、パチンコ屋に行きたい衝動に駆られます。

今は妻の悲痛な表情を思い出し、その気持ちに歯止めがかかっています。

でももし、好きなアニメ作品がパチンコになってしまったら…

またパチンコ屋に行ってしまうかもしれません。

パチンコ屋に行きたい欲に負け、スロットを打つ毎日

スロットにハマったのは、友人の影響です。

友人と一緒にパチンコ屋に行き、訳のわからないスロット台に座り、隣で友人に目押ししてもらいました。

そしたらあっという間に、1000円が3万5000円に増えたんです。

 

初めの2、3度は、やはりワケ分からず。

適当に打ち、面白さは分かりませんでした。

しかし何度も勝っていくうちに、だんだん欲が出てきてしまいます。

負ければ、くやしい!取り戻す!という気持ちで、あっという間にスロットにハマっていきました。

 

気づいたときには、毎日スロットへ行くのが当たり前になっていました。

自分の中での勘違いは、毎日行かないと勝てないという思い込みです。

 

はじめは毎日1万円までと決めていました。

しかし、1万円なんて数十分でなくなってしまいます。

そうすると、2万円まで、3万まで、4万円まで…と金額が徐々に大きくなります。

 

1度かかったら、辞めようと思っていますが、だんだん欲が出て、2回かかったら辞めようと、3回かかったら辞めようとなり、必然的に使うお金も5万円、6万円と増えていきます。

せっかく勝っていても、最後には、勝った分のお金を全て突っ込んでしまい、終わることも度々。

これがスロットのの恐ろしさとは気づけずに、パチンコ屋に行きたい欲に負けて、毎日毎日通いました。

 

勝てば、周りに振る舞い、負ければ、家賃も光熱費も払えず、借金をすることもしばしばありました。

精神的に追い込まれることもあります。

それでも、このスリルが辞めれない。

今もスロットに行きたい衝動が抑えられません。

パチンコ屋にはいかないと妻に誓ったのに、スロットを打ちたい衝動に負ける…

私は、普通のサラリーマンをしています。

大学時代よりパチンコ、スロットを好きになり空いてる時間があればたびたびパチンコ屋に出向いていました。

 

大学を卒業し、仕事に就いてすぐその当時付き合っていた女性と結婚します。

結婚してからもたびたびパチンコ屋に行って、おり妻に怒られてたりしていました。

主にスロットをしていたのですが、なかなか勝つことが出来ず負けっぱなし。

なかなか勝つことが出来ない理由も薄々自分でわかっていました。

 

大勝ちに固執をしてしまい少し勝ってるだけなら満足が出来ず、そのまま打ち続けてしまうことでした。

それを制御できていたなら、勝っていたことも何度かありました。

自分ではわかっているのに、スロットを打ちたい衝動を制御がすることが出来ない…

 

もうそこで自分は依存症になっていると確信しました。

これだけでなく、まだ勝てると思い次々にお金を注ぎ込んでしまい挙げ句の果てには家賃の支払いに回すためのお金にまで手を出してしまいます。

さらには消費者金融にも手を出してしまい気づいた頃には取り返しのつかない事態にまでなってしまっていました。

 

その事態をしっかりと妻に説明し、以後ギャンブルを辞めることを誓いました。

にもかかわらず、パチンコ屋に行きたい衝動が今でも襲ってきます。

たまに、スロットを打ちたい欲に負けてパチンコ屋に行ってしまうことも。

それでも、お金の面で妻に迷惑はかけられないので、5円スロットでお茶を濁しています。

 

ギャンブルののめり込みで自分の人生が180度引っくり返ることがあり得るのでそうならないうちに辞めるか、一定のラインでセーブ出来る強い心を持っていないといけない、そう思っています。

 

-パチンコ屋に行きたい衝動が抑えられない

Copyright© パチンコで負けて給料無くなったときの対処法 , 2020 All Rights Reserved.