パチンコで負けて後悔しかない

パチンコで負けて後悔する前にあなたに知っておいてほしいこと

大事なお金でパチンコしたら負けて後悔しますよ

家賃・スマホ代・光熱費などの大事なお金でパチンコしようとしているならやめてください。

本当に後悔しますよ。

パチンコで負けてお金が無くなっても、家賃やスマホ代などは払わなくてはいけません。

お金がないので払えないけど払わないといけない。

そうなれば借金です。

一度借金をしてしまうと、もう簡単には抜け出せなくなりますよ。

お金が少ししかない→パチンコでお金を増やそう→パチンコで負けて後悔
→今度は勝てる!支払いのお金で勝負!→またパチンコで負けて後悔しかない
→支払いのお金がない→カードの限度額まだあるし借りればいいか
→以下繰り返して、限度額張り付き

信じられないかもしれませんが、すぐにこの状態になってしまいます。

ホールスタッフなのにパチンコをやめられない女

当時パチンコ店でアルバイトをしていたので勉強も兼ねて休みの日にはパチンコをしに当時はよく行ってました。

最初にビギナーズラックで20万円くらい勝ってしまい1日で1ヶ月分の給料が手に入りすっかりハマってしまいました。

パチンコをやる時に財布にいくらいれていたか覚えてなく何度もお金をおろしにいき1日で10万円以上使ったこともあると思います。

借金をするほどはさすがにしなかったけどいくら無駄にしたか考えると怖いです。

とても頑固な性格なため一度この台と決めたら大当たりがでるまで絶対に移動しないという自分ルールを勝手に設定してどんどん負けました。

1円パチンコはやらない、というルールもあり常に4円パチンコをして1万円なんてあっという間です。

当時兄もスロットにハマっており二人でよくパチンコ店に行っています。

お兄ちゃんが大好きだったのでお兄ちゃんにも何回もお金をかして結局返してもらっていません。

ホールスタッフとして働いていているから、儲かるはずがないということもわかっていました。

それでも大当たりしたときの幸福感がたまらず、休みの日はパチンコ店に通い毎日パチンコ漬けの毎日です。

トータルでいくら使ったかは覚えてません。

ホールスタッフとして働いた給料をほとんど使っているので、相当な額にでしょう。

怖くて計算したくありません。

パチンコを始めたことに後悔しかないです。

かねがないけどパチンコ屋に行きたい

15年ほど前の話ですが、当時ハネモノと呼ばれているパチンコが流行っていてそれでたぬ吉君と言う台にハマっていました。

ハネモノは回転数など関係がないので、何度その台を打ち込んでも逆転するのがその日では難しい状況でした。

そんな知識もなくビギナーズラックで2万円ほど勝った時からハマってしまい、負ける日は一日に5万円を超える負けを記録してしまうほどでした。

普通ならばその時点でもうやめると思いますが、当時そのたぬ吉君にハマってしまっていたことや暇があればパチンコ屋に足が向かいます。

当然おかねはなくなる一方です。

気が付けばノンバンクに20万円の借り入れをしてしまうほどの事態となっていました。

このままではまずいと気が付いたのが、20万円の返済日にお金を返せない状況になって取り立てに来られた時でした。

やはりキツイ事をかなり言われました。

そこでお金がないのにパチンコをやりたいと思っている自分の性根が腐ってるとハッキリとわりました。

何とか働いてその20万円を返済する事が出来ました。

その後も何度かパチンコに行きたくなることもありましたが、なんとか堪えていてパチンコ屋にはいっていません。

 

-パチンコで負けて後悔しかない

Copyright© パチンコで負けて給料無くなったときの対処法 , 2020 All Rights Reserved.